本文へスキップ

株式会社エンブレムは、設計から製造までのプロセスで3Dソリッドデータの有効な活用を実現します。3Dソリッドモデルを製造に直結させる3D統合環境の創造を目指しています。

TEL. 046-277-4950

E-mail emblem@emblem.co.jp

Advanced Routing/PipeDesign

配管設計設計システム

SolidWorksに完全統合された配管設計支援システムです。
SolidWorks Routingの配管設計機能をお使いになり、ご不便を感じていらしゃいませんか?
EMBLEM社は設計現場の声を取り入れ、設計者のニーズにマッチした配管設計支援システムをAdvanced Routing/PipeDesignというパッケージで実現しました。

★2014年4月より、 ハーネス設計システムAdvancedRouting/HarnessDesignに 配管設計の機能(AdvancedRouting/PipeDesign)が統合され、 AdvancedRouting/HarnessDesignのみで、 ハーネス設計・配管設計の両方が行えるようになっております。

パイプルート作成

  • [距離][管の方向][管の角度]という3つの諸元により、 3D空間におけるパイプルートの点座標を、自由且つ正確に定義していくことが可能です。
  • 「パイプルート作成機能」にてパイプルート作成中に、簡単にパイプルートの編集を行うことができます。
  • 次の点位置を確定するために、既存のアセンブリ内に存在する構成部品の“モデルエッジ”、”パイプ”、“パイプルート”を利用して、それらに平行に次の点位置の“管の方向”をナビゲートすることが可能です。
  • 次の点位置を確定するために、“モデルエッジ”、“パイプ”、“パイプルート”を利用した管の方向に合わせて、“モデル頂点”、“パイプルート点座標” を利用した次の点位置までの“距離”をナビゲートすることが可能です。
  • 「パイプルート作成機能」にてパイプルート作成中に、簡単にパイプ干渉チェックを行うことができます。
  • パイプ干渉チェックは、[交差][近接干渉][接触]の3つのタイプを干渉チェックすることが可能です。

パイプルート編集

  • 「パイプルート編集機能」にてパイプルート作成後に、簡単にパイプルートの編集を行うことができます。
  • ワンセグメントのみの編集を行う機能と、複数のセグメントに渡り座標点の追加、削除を行う機能を、オペレーションの手数を最小限にするために、2つに分けて実装してあります。
  • パイプルート編集時に、ナビゲート機能、パイプ干渉チェック機能を使うことができます。

セクションパイプルート作成

  • メモリナビゲート機能で、3D空間位置にパイプルートを作成することができます。

各種部品配置

  • 作成されたルート上に、配置部品、配置位置を指示することにより、複数部品を連続配置できます。また、編集したルートに追従して、連続した複数部品を再配置できます。

パイプ図面作成

  • 「ルート表自動作成 & 曲げ順番自動挿入」機能で、ルート表と曲げ順番の注記を作成できます。

機能一覧

  • 配管設計
    ●アセンブリ分割・統合機能
    ●パイプ転送機能
    ●サイクリックネーミング機能
  • パイプルート作成
    ●パイプルート作成機能
    ●セクションパイプルート作成機能
    ●3Dスケッチからパイプ作成機能
  • パイプルート編集
    ●パイプルート編集機能
    ●パイプ3Dスケッチ編集機能
    ●パイプ分割機能
  • パイプツール
    ●パイプデータ化機能
    ●パイプタイプ変更機能
    ●管端形状作成機能
    ●セクションパイプ変換機能
    ●パイプから3Dスケッチ作成機能
    ●パイプ干渉チェック機能
    ●パイプ階層構造間移動機能
    ●各種部品配置機能
    ●パイプ・各種部品コピー機能
  • 検証ツール
    ●パイプ検証機能
  • パイプ図面作成
    ●ルート表自動作成 & 曲げ順番自動挿入機能
    ●中心線自動挿入機能
    ●寸法線自動挿入機能

バナースペース

株式会社エンブレム

〒242-0007
神奈川県大和市中央林間4-18-15
大和ビル3F

TEL 046-277-4950
FAX 046-277-4955
E-mail emblem@emblem.co.jp


パートナー